2007.06.18

ちちのひ

今まで特に理由もなくスルーしてきた行事が
両親の誕生日祝いと母の日と父の日
両親も祖父母に対してしていなかったからかもしれない


周りが新婚さんが多く、双方の両親に贈り物をするのを見て
あたしもたまには何かしようと思いたって、今年から始めてみた

いろいろ考えたものの気を使わない程度の金額でおやつを贈ることに決めた
主な理由は・・・
あまり気に入らなくてもあとに残らない
使わないという選択肢がない
3〜5,000円の金額で選択肢がたくさんありそうだった


両親共に好き嫌いが無く、特に好きなものも自己主張が強いのもあって
はっきりしていたのも大きいかも

一ヶ月前には母に黒糖の水羊羹を
父には小豆アイスが大好きだから
味を選べるアイスセットで小豆と抹茶をたくさん選んで送った


水曜日ぐらいに頼んだところ、ちゃんと日曜午前中に届いたようで
早々に嬉しそうな声で電話が来た


そのあと、先週日帰りで菖蒲を見に行ったとか
来月にはまた家族で食事をしようとか
口を挟む間もなく言いたいことをどんどん伝えている父
でも、とても優しい口調でなんだかお爺さんのようだなって
ぼんやり思ってたら

おい、聞いてるか?

って(笑)


離れている家族を大事にするのは
そんなに難しいことじゃないのかもしれない

今までは日々に追われて、恋愛事に頭がいっぱいで
ないがしろにしすぎていた

両親共に想像以上に喜んでくれているようなので
今後も続けていこうっ

posted by しほ at 15:11 | Comment(2) | TrackBack(0) | journal