2013.01.30

ありのまま

DSC_0273.JPG
A&G DINERのアボガドバーガー

積極的に外出するようにして1月経ちました
狭い世界に留まるよりは自分にはいいようです

カレとの関係にもいい影響があって
会う時間が若干減るけど、うじうじ悩んでるよりいいようです


昨年、友だちに誕生日プレゼントにもらったBurgerTicketで
(都内のいくつかのハンバーガー専門店で使える二人分のお食事券です)
別の友人と外苑前A&G DINERへ!
バンズがおいしくて、びっくりしました
写真の通りボリューム満点で、翌日昼までみかんで過ごせました(笑)

---------

カレと付き合って2年経ちました
のんびりマイペースな私たち、お祝いは来月やることになりました
久しぶりの懐石料理。楽しみ!

改めて思ってるコトを手紙に書こうと思ってます
去年はうまく気持ちが噛み合わず、ちょっとした別れの危機もありました
一時期、私が空回りして期待してイライラして、
カレはそれを受け入れられず理解もできず不快になり
でも、二人の性格上、衝突はできずくすぶって・・・

少し時期をおいて、話し合って、謝って、
全てすっきり解決したわけじゃないけど
お互い相手の気持ちに寄り添うことで、何とか今日まで来たのかな
カレの本音全てはわからないし、私の本質は変えられないかもしれないけど
期待したことを現実にするには逆効果だったのは、よくわかったので
話したり、自分なりに考えたり、試行錯誤…

そんな中、一度、カレの心が想像より離れてないこと解った時
ほっとして、自分では止められないほど号泣したことがありました

カレは驚きながらも泣き止むのを待ってくれて
感情が駄々漏れなんて自分でもびっくりして
自分にとってのカレの存在の大きさとか、自分の弱さとかを再確認できました

背伸びをし過ぎてうまくいかなかった事が多かったけど
今のカレとは等身大の自分で接していられるようです
posted by しほ at 22:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | journal

2013.01.18

十年一昔

DSC_0271.JPG

最近iPad miniもらいました

就職してから十年経ちました

働くことが楽しくて、一時は仕事を取ったら何も残らないぐらい仕事漬け
日々進化していく環境や新しい技術に無我夢中でした

働きマンを読んでも面白さがわからなかったり
流行モノに疎くなっていっても、のめり込んでいました

三十歳になる頃には心身共に自立できるように頑張ろうと二十代の頃は思っていて
そのせいか、三十になってからは少し余裕もでてきたのか、
仕事以外の時間を休養だけではなく有意義に過ごせるようになってきました

そんな頃に、社長同士仲良し会社との合併
社員一桁から90名の会社!会社の働き方、仕組みなど何もかもが違うことに
最初は戸惑い、仕事を通して徐々に順応してきたかな?といったところ
今までとは毛色が違うことを任されたり、群れる人たちの標的にされたり(笑)
初めての体験がいっぱいでした

未経験の自分を雇ってくれたボスと8年
現在の会社でも、私との関係は変わらず
未熟な意見をぶつけたり、ばっさり叱られたのも懐かしい
今となっては私の仕事を信頼してくれます
ボスと出会えた縁を感謝せずにはいられません


あっという間だったけど、十年前の自分を別人のようだとも思う
それぐらい価値観がひっくり返るほどの衝撃があったり、目から鱗も落ちまくったり
いろんな刺激と影響をもらった

培ってきたことを活かし、若者たちにも伝え、またここから十年も成長していきたいです
posted by しほ at 18:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | work

2013.01.07

抱負

DSC_0248.JPG

新年あけましておめでとうございます
本年もよろしくお願いいたします

年末年始、忘年会や新年会で友人たちからHAPPYな報告がいっぱいでした
結婚する(した)カップルが5組!
子どもができた夫婦が1組!

東京は今日から日常モード
私の今年のテーマは、
・人との繋がりを大切に愛をもって接しよう
・謙虚さを見つめ直そう

何で目標がこうなったかというと・・・

昨年下半期は会社の人間関係にやられて
体調不良になり、引きこもりがちでした
信頼していた人が、あることないことや
私の前とは真逆のことを触れ回っていたり
ボロクソに言ってくれてました

悪く言われるのは立場上あることなので免疫があったのだけど
正反対のことを言ってるということがわかった時は、ホラードラマを見ている気分になり
その人やその周りの人と話すのが怖くなって、軽い体調不良になりました


そんな中、二人の救世主がいました

四面楚歌で立ち往生してる自分を、変わらず信頼してくれた上司
結局、いつも窮地に陥った時の最後の砦はその人
その人が信頼してくれているというだけで、乗り越える道を探す一歩を踏み出せました

そしてもう一人は彼
体調不良になり不甲斐ないというか、うまく立ち回れない情けなさもあり
何があったとか、私の気持ちとか何も話したくなくて
人間不信で軽く体調不良と言ったら、
「信頼出来ない人はほっときなさい」と2度強く言ってまっすぐ私を見つめてくれた

もちろん全てを察したわけじゃないだろうけど
あれこれ無駄に考えているのはお見通しだったのだと思う

その一言で、業務上の最低限の会話もメールにして、ひたすらを関係を薄くしたところ
一月半ぐらい経って、体調も落ち着き、周りからの信頼も少し回復できました


人に傷ついて、狭い世界に囚われて、八方塞がりになった結果
もっとたくさんの人と触れ合って、視野を広げようと思ったのでした
閉じこもっていても、何も変わらない
自分が変わって、もっと柔軟にしなやかになりたいのです

そして振り返ってみて、自分には謙虚さが足りなかったと反省
あることないこと言う人は悪いけど、自分は頑張っている、正しいと慢心し
根底に謙虚さが無かった


うまくまとまらないけど
今年の目標、忘れないように書き留めました
2013年もよろしくお願いいたします

写真:祖母がとても喜んでくれたお正月アレンジメント
posted by しほ at 23:54 | Comment(2) | TrackBack(0) | journal

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。