2014.09.20

見返りがお金だけだなんてのは哀れ

半年ぐらい前に話題になったブログ記事について
友人がプリプリしてました

どうしてプロに無償で仕事依頼しちゃダメなのか - 原価のある、時間
http://d.hatena.ne.jp/goto-ahiru/20130207/1360241556



私、クリエイターの端くれなのですが
まったく共感できません

「今度うちのも作ってよ」

など、言われるけれど、
そんなの社交辞令のようなものかと

さらに、"手に職系"技術者は一般的な雇用と異なり、時間+αによってその職業が成り立っています。
この+αこそが、その人ならではの"技術"。


そんなの驕りだと思う
どんな職業であれ、真剣に取り組んでいれば+αなんて当たり前
それぞれの知見があるでしょう

またプロだからって、否。プロだからこそ、「ちゃちゃっとテキトーに」なんてできないんです。
プロとしてのプライドなどもありますが、いい加減なものが自分の仕事として広まるのは、その"技術"が売り物だけに避けたいのです。


プロだから、ちゃっちゃっとテキトーに作れますよ
どんだけ高慢なんだろ


私はタダでWEBサイトやチラシ、その他いろいろ作ったこともあるし、これからもあると思う
賛同したら、社会にとって有用だと思えたら、単純にオモロイって思えば力を貸します
たいした仲じゃなくっても


そもそも今の私があるのは、社会によって育まれたものであって
私一人だけで培ってきたモノじゃない

周りに、生かされて、活かされて、今がある


お金をたくさん欲しいって言うけど、お金持ちになって何がしたいの?何に使いたいの?

っていう、よくある問いと一緒で

サイトをつくりたいって言うけど、何がしたいの?何に使いたいの?
という問いに答えられない人はほっとけばいいと思うのよね

あれ、それが面倒って話??

技術提供の見返りがお金だけだなんてのは哀れ
こういう人たちは、ボランティアとか寄付とかは縁遠いのかな

posted by しほ at 02:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | journal