2016.01.06

抱負と振り返り

新年明けました
12月末に語学学校に入って
Xmas&年末年始もすぎ
こちらは正月もないので2日から授業開始

2015
年始に仕事を休むことに決めてから
いろんな人に支えられ守られていることを
ただただ思い知らされる日々と
自分が13年間やってきたことを振り返る日々

今までやりたいことだけをやって
協調性や社会性も育まないままここまできたのに
いつのまにか周りには素敵な人たちがたくさんいて
やさしくてあたたかくて、まぶしいほどにきらきらした人たちばかり

がんばってこいよって背中を押してくれた人たち
なんかあったら連絡してこいよって応援してくれた人たち
無理しないようにねって心配してくれた人たち
遊びに行くよっていってくれる人たち
lineやfbしてねって寂しがってくれた人たち
断念するんちゃうっておもしろがってくれた人たち
いろんな人が周りにいた

そんな状況で自分は何が返せるだろう、と考えると
成長した姿をみせるぐらいしか思いつかない
わたしもやさしいあたたかい人になりたい
みんなとよりいい関係を築いていきたいと
結局は自分本位に思うばかり

そして大好きな両親
いつだって見守ってくれている
全力でやっておいでって肯定してくれる
ずっとずっと変わらない存在は
ありがたくて、心強い


2016
苦手っていうのは簡単で
克服するには努力しかない

しんどくて大変で、でも最高に充実してた経験が自分にはあるから
今度の克服もいけるんじゃないかって勝手に思ってる

2016はinputの一年
努力してinputします
がんばれって今のわたしにはめっちゃ嬉しい言葉

がんばれ、自分
posted by しほ at 17:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | journal

2014.09.20

見返りがお金だけだなんてのは哀れ

半年ぐらい前に話題になったブログ記事について
友人がプリプリしてました

どうしてプロに無償で仕事依頼しちゃダメなのか - 原価のある、時間
http://d.hatena.ne.jp/goto-ahiru/20130207/1360241556



私、クリエイターの端くれなのですが
まったく共感できません

「今度うちのも作ってよ」

など、言われるけれど、
そんなの社交辞令のようなものかと

さらに、"手に職系"技術者は一般的な雇用と異なり、時間+αによってその職業が成り立っています。
この+αこそが、その人ならではの"技術"。


そんなの驕りだと思う
どんな職業であれ、真剣に取り組んでいれば+αなんて当たり前
それぞれの知見があるでしょう

またプロだからって、否。プロだからこそ、「ちゃちゃっとテキトーに」なんてできないんです。
プロとしてのプライドなどもありますが、いい加減なものが自分の仕事として広まるのは、その"技術"が売り物だけに避けたいのです。


プロだから、ちゃっちゃっとテキトーに作れますよ
どんだけ高慢なんだろ


私はタダでWEBサイトやチラシ、その他いろいろ作ったこともあるし、これからもあると思う
賛同したら、社会にとって有用だと思えたら、単純にオモロイって思えば力を貸します
たいした仲じゃなくっても


そもそも今の私があるのは、社会によって育まれたものであって
私一人だけで培ってきたモノじゃない

周りに、生かされて、活かされて、今がある


お金をたくさん欲しいって言うけど、お金持ちになって何がしたいの?何に使いたいの?

っていう、よくある問いと一緒で

サイトをつくりたいって言うけど、何がしたいの?何に使いたいの?
という問いに答えられない人はほっとけばいいと思うのよね

あれ、それが面倒って話??

技術提供の見返りがお金だけだなんてのは哀れ
こういう人たちは、ボランティアとか寄付とかは縁遠いのかな

posted by しほ at 02:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | journal

2013.12.06

追い風

73275_688828941129267_2018832575_n.jpg
誕生日に友人にもらったお花

年2回ぐらい旅行する友人がスピード婚
ずっと不妊治療していた友人が双子懐妊

その他、プロポーズOKもらった!
世界一周旅行いってきます
来年から大学院行く!
マイホーム購入決めた!などなど

ここ二週間で、なんとめまぐるしい
人生の転換点、分岐点のニュースが入ってきた

そういう時期なのか、歳頃なのか…


直接もあれば、メールやfacebook経由で知ることもあるけど
みんなどんどん自分の道を進んでいる

私は何がしたい?何が必要?
私にとっての豊かさ、幸せは??理想の未来は???

みんなのアクションが私の背中を押してくれているような
そんな気分
posted by しほ at 02:10 | Comment(3) | TrackBack(0) | journal

2013.11.07

大切な人

結婚しないの?なんて、周りに聞かれる
ちょっと考えてる、とか
まだしないと思う、なんて適当に返してた

そんな中、ある日突然彼から
「別れましょう」と言われました
「結婚がイメージ出来ないから」

パニックになりながらも
料理が下手だから?仕事中毒だから?35じゃ子ども産めないかもしれないから?
てか、私達そんな話したことあったっけ??
いろんな想像が巡って、聞きたいことはたくさんあったけれど
10年前に元彼と別れた時に、泣いてすがって、相手に嫌な思いをさせて、
(私だけのせいではないけれど)別れ方としては最悪だったのを思い出して

「ありがとう、楽しかった」なんて言って(かっこつけて)別れてきてしまった私



帰宅して冷静にいろいろ考えてみて
三年間、私なりにとても大切にしてきた関係で
このまま終わりにするのはいやだ、と思って

もう一度話し合いをする約束をしました(←イマココ)


ダメ元で、なぜ結婚のイメージができないのか?
ダメ元で、結婚観、キャリアビジョン、家族観、いろんなこと知りたいし
私のことも知ってもらいたいしって思ってることをぶつけてみたくなりました


ダメだったら、彼も失う・・・


とても悲しいけど、食事が喉を通らないとか、涙が止まらないということはありません
今、冷静になれなかったらダメだという危機感なのかな


彼は私が出会ってきた人の中で、惹きつけられる、とか、最高だというのとは違う
好き、だけど、それ以上に、一緒にいたい人
仕事や友人付き合いとは違う、恋人という関係で、本音の自分を晒せる人
初めて自分でいられる人


起死回生したい
posted by しほ at 00:23 | Comment(3) | TrackBack(0) | journal

2013.08.20

スタディツアー行ってきました

100836-2.jpg

P7217473_r.JPG


知人が営利目的ではなく、個人的に開催しているスタディツアーに行ってきました
現地集合、現地解散、移動費、食費などかかった分だけ支払うスタイルなので
とてもライトな形でした

行ったのは、主催している知人がツテのあるアジアの孤島
観光や商業がほとんど手つかずの島
ホテルやレストランはおろか、2階建て以上の建物もない

島には警察も病院もないけど、2500人が住んでいて
そのうち20%以上は小学生以下
みんな裕福ではないのに子沢山

生活感はあり、ローカルコミュニティは存在していて
ほとんどの人たちは貧しいけど、困ったときは助けあい、
ひとつの家族のようにして生活してる島でした

そして私たちを笑顔で迎えてくれた

お金や物で支援するのではなく
彼らの抱える問題をリサーチする
実際に触れて、心で感じて、考える
思いついたこと、考えたことをみんなでシェアして
現実にアクションにつなげるために掘り下げる
そんなConceptの旅企画でした


壮大な自然と島の人達との出会い
魅力的なツアー参加者たち


圧倒された後に、私の頭のなかに駆け巡る
いろんな感情や問いかけ

豊かさとはなにか?
社会貢献ってどこから?
新興国と先進国との関わりってどうあるべきだ?
自然との共生
そして、自分の人生についてどうしていきたいのか?

----------

気がつけば、私の周りや尊敬する人は
社会起業家というのか、
動物や自然を守ったり、震災復興に尽力したり
途上国で貧困や教育をよくしようと頑張っているような
社会をよくしようとしてる人達が多くなった

就職をしてから11年、自分で生活できるようになり
次のステップとして、社会のために何ができるか?ということ
少しでも社会へ還元していきたい


帰国してからの自分は、
物や他者へ執着が減り、日常生活ひとつとっても
友人との語らいがとても鮮やかに写ったり
毎日楽しみにしていた朝ドラが色あせてどうでもよくなったり
取り巻く景色が様変わりした

しばらくしたら、また心が乾いてくるのかもしれない
でも、今の私の心は満たされていて
シンプルで、とても清々しくすっきりとした気分

人との出会いって本当に素晴らしい
私の宝物
posted by しほ at 22:22 | Comment(3) | TrackBack(0) | journal

2013.07.09

切手セット

DSC_0038.jpg


郵便局で売っていたサンリオのお便りセット

50円切手のセットは、絵はがき(5種類×各2枚)とシールなどがついて
80円切手のセットは、便せん(5種類×各2枚)、封筒(5種類×各1枚)とシールのセット

子供の頃、サンリオ全然好きじゃなかったのに
(ひねくれた子どもだったから…)
今年の暑中見舞い用にと買っちゃいました(照)

中身はこんな感じ
100836-2.jpg


会社のおねえさん(42歳)は、これいい!なつかしい!って褒めてくれたし
同世代〜アラフォーぐらいがターゲットの商品なようです

でもでも、その前に会社の暑中見舞いリストを早く作成しなくては…
posted by しほ at 23:34 | Comment(3) | TrackBack(0) | journal

2013.06.19

箱根旅行

DSC_0015.jpg
芦ノ湖の遊覧船

梅雨の中、箱根に行って来ました
お天気は晴れ時々雨というぐらいで
天気の中、あじさい電車(箱根登山鉄道)に乗って
彫刻の森美術館へ行ったり
芦ノ湖で遊覧船に乗って、LYSでの優雅ランチなどしてきました
当初山の上ホテルの予定が、諸事情により行けなくなったのが心残り…

特に楽しかったのがこのふたつ。

晴れ彫刻の森美術館
神奈川県民としては何度遠足で行ったか
というぐらいメジャースポットだけど、34歳になって行くと
また全然違う楽しみもあり・・・
広く整備された高原に、彫刻が展示され、青空と新緑との調和も美しいし
私の大好きなジャコメッティの作品もじっくり見られました
すべての作品ではないけれど、360度見られる形で展示してあったので、
写真でしかみたことがない作品も、裏側や斜め下からなど
角度を変えてみられたのもよかった!


晴れあじさい電車(箱根登山鉄道)
その名の通り、これでもかというぐらい線路脇にはあじさいが咲いていました
きれいだったなー
急傾斜のため、スイッチバックが何度かされるのだけど
その度に、「鉄子の旅」を思い出しちゃいました(笑)


電車や船や高原が心地いいのは
童心に返ってるということなのかな?
自然の中にいくと癒される自分です

近いのだからまた行こうっと
posted by しほ at 22:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | journal

2013.06.06

ファスティング

DSC_0322.JPG


先々週、栄養士さんにレクチャーしてもらいながら
ファスティング(断食)してみました
ダイエット目的ではなく、腸内リセットが目的で

準備3日は玄米+マゴワヤサシイを意識した食事
4日間食事をとらず、酵素ドリンクのみで過ごして
1週間ぐらいは復食期ということで
玄米+マゴワヤサシイを意識した食事で過ごしました
(糖質、脂質、アルコールも避ける)

参照)マゴワヤサシイ
ま  大豆、あずきなど豆類のこと。タンパク質、マグネシウムの摂取に
ご  ゴマ ナッツ クルミ アーモンドのこと。不飽和脂肪酸・ビタミンEの摂取に
わ  わかめ コンブ のりなどのこと。ヨード、カルシウムの摂取に
や  野菜、根菜のこと。ベータカロチン、ビタミンCの摂取に
さ  魚のこと。タンパク質、オメガ3脂肪、亜鉛の摂取に
し  しいたけ、しめじなどきのこ類のこと。多糖類、食物繊維の摂取に
い  じゃがいも、さつまいもなどイモ類のこと。食物繊維、炭水化物の摂取に


なるべく家で過ごすようにしたけど
約2週間外食できないのは辛かった

友人に会ってもペリエ
サッカー観戦するのもノンアルコール(観戦目当てじゃないので…)
デートするも、彼だけご飯
食事を我慢するのは平気なんだけど、せっかくの時間が未消化な感じ
全然いいよーとみんな言ってくれるけど
飲めない食べないはシラケさせるなと痛感しました


体重、体脂肪は毎日計測しましたが
-1kg、-1%程度でほとんど変わりませんが
心身すっきり快調です

誰にも薦める気もないけど
今の自分には、とっても合ってました
対人関係で悩んだり、将来のことを考えたりしていたけれど
いい意味で憑物が落ちるかのように、気にしてたモノ・コトへの執着が減りました
(全くなくなったわけじゃないけど)

また、薦めてくれた友人は半年に一度はオススメというけど
当分いいかなーという気分


こちらの酵素は無添加無着色無希釈なのでお薦めです


posted by しほ at 17:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | journal

2013.01.30

ありのまま

DSC_0273.JPG
A&G DINERのアボガドバーガー

積極的に外出するようにして1月経ちました
狭い世界に留まるよりは自分にはいいようです

カレとの関係にもいい影響があって
会う時間が若干減るけど、うじうじ悩んでるよりいいようです


昨年、友だちに誕生日プレゼントにもらったBurgerTicketで
(都内のいくつかのハンバーガー専門店で使える二人分のお食事券です)
別の友人と外苑前A&G DINERへ!
バンズがおいしくて、びっくりしました
写真の通りボリューム満点で、翌日昼までみかんで過ごせました(笑)

---------

カレと付き合って2年経ちました
のんびりマイペースな私たち、お祝いは来月やることになりました
久しぶりの懐石料理。楽しみ!

改めて思ってるコトを手紙に書こうと思ってます
去年はうまく気持ちが噛み合わず、ちょっとした別れの危機もありました
一時期、私が空回りして期待してイライラして、
カレはそれを受け入れられず理解もできず不快になり
でも、二人の性格上、衝突はできずくすぶって・・・

少し時期をおいて、話し合って、謝って、
全てすっきり解決したわけじゃないけど
お互い相手の気持ちに寄り添うことで、何とか今日まで来たのかな
カレの本音全てはわからないし、私の本質は変えられないかもしれないけど
期待したことを現実にするには逆効果だったのは、よくわかったので
話したり、自分なりに考えたり、試行錯誤…

そんな中、一度、カレの心が想像より離れてないこと解った時
ほっとして、自分では止められないほど号泣したことがありました

カレは驚きながらも泣き止むのを待ってくれて
感情が駄々漏れなんて自分でもびっくりして
自分にとってのカレの存在の大きさとか、自分の弱さとかを再確認できました

背伸びをし過ぎてうまくいかなかった事が多かったけど
今のカレとは等身大の自分で接していられるようです
posted by しほ at 22:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | journal

2013.01.07

抱負

DSC_0248.JPG

新年あけましておめでとうございます
本年もよろしくお願いいたします

年末年始、忘年会や新年会で友人たちからHAPPYな報告がいっぱいでした
結婚する(した)カップルが5組!
子どもができた夫婦が1組!

東京は今日から日常モード
私の今年のテーマは、
・人との繋がりを大切に愛をもって接しよう
・謙虚さを見つめ直そう

何で目標がこうなったかというと・・・

昨年下半期は会社の人間関係にやられて
体調不良になり、引きこもりがちでした
信頼していた人が、あることないことや
私の前とは真逆のことを触れ回っていたり
ボロクソに言ってくれてました

悪く言われるのは立場上あることなので免疫があったのだけど
正反対のことを言ってるということがわかった時は、ホラードラマを見ている気分になり
その人やその周りの人と話すのが怖くなって、軽い体調不良になりました


そんな中、二人の救世主がいました

四面楚歌で立ち往生してる自分を、変わらず信頼してくれた上司
結局、いつも窮地に陥った時の最後の砦はその人
その人が信頼してくれているというだけで、乗り越える道を探す一歩を踏み出せました

そしてもう一人は彼
体調不良になり不甲斐ないというか、うまく立ち回れない情けなさもあり
何があったとか、私の気持ちとか何も話したくなくて
人間不信で軽く体調不良と言ったら、
「信頼出来ない人はほっときなさい」と2度強く言ってまっすぐ私を見つめてくれた

もちろん全てを察したわけじゃないだろうけど
あれこれ無駄に考えているのはお見通しだったのだと思う

その一言で、業務上の最低限の会話もメールにして、ひたすらを関係を薄くしたところ
一月半ぐらい経って、体調も落ち着き、周りからの信頼も少し回復できました


人に傷ついて、狭い世界に囚われて、八方塞がりになった結果
もっとたくさんの人と触れ合って、視野を広げようと思ったのでした
閉じこもっていても、何も変わらない
自分が変わって、もっと柔軟にしなやかになりたいのです

そして振り返ってみて、自分には謙虚さが足りなかったと反省
あることないこと言う人は悪いけど、自分は頑張っている、正しいと慢心し
根底に謙虚さが無かった


うまくまとまらないけど
今年の目標、忘れないように書き留めました
2013年もよろしくお願いいたします

写真:祖母がとても喜んでくれたお正月アレンジメント
posted by しほ at 23:54 | Comment(2) | TrackBack(0) | journal

2012.11.26

紅葉狩り@高尾山

DSC_0207.JPG

びっくりするほどの放置です
書きたいこともちょこちょこあるのだけど
何となく書かない習慣がついてしまったようで・・・

これからはささやかな内容でも備忘録のため、
ちょこちょこ更新したいなーなんて思ってます

写真は、先日高尾山へ行った時のもの
久しぶりに行ったら、めちゃめちゃ筋肉痛になり
下半身全般ガチガチになってしまいました
翌日、歩ける痛みなら歩いた方がいいという口コミを信じて
4時間ぐらい近所を散策したのだけど、
4日ぐらいは筋肉痛続いたよ(´・ω・`)ショボーン


追伸:
先日のオフ会では久しぶりにみなさんにお会いできて嬉しかったです☆彡
みなさん一人何役もこなされていて、いろんなお話が聞けて楽しかったです
子どもがいる同僚と接し方についてなどを考えるのに、いいきっかけになりました!
また集まりましょうね〜
posted by しほ at 19:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | journal

2012.08.29

てんやわんや

あっという間にもうすぐ9月
夏がもう終わりそう

しかし、相変わらず忙しい
今まで8人でやってきた部署だけど
2名退職して、4名中途採用することになりてんやわんや

採用はじめる前から、採用サイトに掲載する文章に赤入れ
面接したり面接したり面接したりして、採用が決まったら
配置換え、PCセッティングの手配etc…
入社後は全員分のタスク管理

以前の会社より大きくなって楽になった部分と
手続きなど細かくなったところもあり


でもでも、楽しみ
新しい出会いにわくわくする
経歴や年齢ももちろんバラバラ
どんな科学反応が起こるのか(事故になったら困るけど)
飽きっぽい自分には少しでも環境の変化があると嬉しくなっちゃう

ひとりじゃ完結しない仕事なので、いろんな人と関って技術を高ていきたいのです

最近は制作ばかりをさせてもらえないけど
若者にいろいろ任せて、フォローしたり、ちょっとした成長を見られたり
別の喜びもでてきた

それぞれ、すくすくタイプ、石橋叩きまくりタイプ、天狗タイプ
いろんなタイプがいて、また面白い

そんなこんなであっという間に冬になりそうな予感
posted by しほ at 02:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | journal

2012.03.16

てへぺろ

風邪で熱もあり、生理前で不安定って絶不調な時に
不安になる出来事があり、過去の記憶がフラッシュバックして迷走しました

泣いて、すがりついて、しんどいって言っちゃった

で、翌日めちゃめちゃ自己嫌悪


付き合ってるけど、自由だよ、お互い
こんなにもろくて大丈夫か、自分

って言い聞かせた

私は泣いてすがるんじゃなくて、
一緒に笑ったり、考えたり、支えあったりしたいんでした

どうしても泣きたい時は一人でって決めた

また明日からがんばろう
posted by しほ at 03:29 | Comment(2) | TrackBack(0) | journal

2012.01.25

一年

カレとお付き合いして一年経ちました

ひとりでいる何十倍も楽しいけれど
同じ轍を踏むまいと、過剰に慎重になっていて
何かに躓いたり、気になると
ひとりで四苦八苦する日々

もっと自分も相手も信用しないといけないなって思いながらも
もしも…こう思うかもしれないから…の繰り返し

でも、私のトラウマなども伝えつつ、カレの考えも確認して話し合って
根気がいい彼のおかげでだいぶほぐれてきたかな


先日、お互いの予定の確認をした時

「今週はフレンチビストロだよね?〇〇さんと」
「そうだよ。お誕生日会なの。」
「来週末は何食べに行くんだっけ?」
「笑。来週末はお芝居観に行くの。ご飯は下北だから〇〇かなー」
「そっか、下北かあ。」←笑われたことに気づいてないよー

といった感じで、ご飯の話ばっかり
私とご飯の話ばっかりするようになって
ますます食いしん坊になってるけど無自覚なカレ(笑)


今の私たちは、金子みすゞ氏の詩のように
どちらかがイライラすると、もうひとりもイライラしてくる
どちらかが不安定だと、一緒に不安定になる

だけどこれからは
カレが疲れてたら癒せる人になりたい
カレがイライラしていたら、吸収して跳ね返さない人になりたい

来週一周年祝い(おいしいご飯を食べに行く)をする予定なので
あらためて今の気持ちを手紙で伝えようと
今は下書きしてるところ
正直な今の気持ちとか、カレの気づいてないカレのイイ所とか
伝えたい事がたくさん

ともあれ、これからもカレにとって刺激を与えつつ居心地のいい人でありたいな
posted by しほ at 02:07 | Comment(4) | TrackBack(0) | journal

2012.01.13

心新たに

年の瀬にガツンときた

忘年会で友人と再会したら
少し顔がやつれていました
聞けば、癌が再発して余命宣告は10ヶ月だと

会える時に会っておきたくて来たんだよ
まあ、夏のBBQでも会えると思けど


って笑った顔が印象的だった

ずっと一緒に歳をとっていくものだと思ってた
毎年夏のBBQには親子連れで来て
子供はどんどん大きくなって、友人も飲みの時とは違う父親の顔をしたりして
将来ってあるものって思ってたけど、そうじゃないこともあるのね
小説とか映画じゃない世界でも、起こりえる事実ね

難しい話でもないし、聞いた話ではあったけど
ついていけない現実ってあるんだと知りました

2011年は、大震災や友人の病気のことで
経験して始めてわかることがあると思い知らされました
それで、私なりにいろいろ考えた結果、
私はどんな時も希望を持ち前を向いていきたいと
シンプルな答えがでてきました

2012年2つ目標ができました
普通な目標だけど、私にできることをやっていくしかないなと
心新たにがんばります
posted by しほ at 00:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | journal

2011.12.01

信頼関係

先日、マルチ商法を積極的にしている人たちを目の当たりにしました

事情をよく知らないで、おいしいご飯食べられるよと誘われて言ってみたら←おいしいご飯に釣られた
エライ人のおうちでの実演販売でした
はじめてだったので興味津々だったのだけど
ありえないぐらい高い高い
めんたま飛び出すかと思いました

よくよく聞いたら、エライ人(推定40代後半)と友達っていう一回りぐらい歳が違う子(男性30歳)は
一人暮らしで料理しないのに、フープロ、鍋セット、その他調理器など
全部揃えて60万円ぐらい揃えたって
健康のために何万もするサプリを毎月買ってるとか
さらに、数十万する浄水器をこれから買うとか

それってオトモダチなの?

そこにいる人が「俺ら仲間内では〜」って連呼していて
さらにモヤモヤ

これがナカマ???


ある一定の価値観をすり合わせるようにいる関係って素敵じゃないなあと

完全にそこが最高だと思い込んで思考停止しちゃってる
いろんなものの中から選ぶんじゃなくて、回路がここの製品いいよねーしかない
それは楽だろうけど、魅力ないわ
本人がいいと思ってるからいいんだけど


私を誘った人は、心の底からそこの商品をいいと思っているようで
ほとんど薦めなかったのは、戦略なのか、こいつ買わないなと思ったからか…

どちらにしても、いい社会勉強になりました

------------

最近、あばたがあばたに見えるようになってきました
本当に不思議なもので、ちょっと前まで気にならなかったことに気づいたりして

典型的な感情型な私に対して、彼は合理的なので
ぶつかり合うこともしばしば
言い合いもするし、話し合いもするし、歩み寄りするようになりました

最新の話し合いはクリスマスどう過ごすか

別にクリスチャンじゃないし、誕生日でもないけど
年末年始は全く会えない予定なので、デートらしいデートをしたい私
なんてたってクリスマスデートなんて何年ぶりかしらっwktk☆
に対して…
どこに出かけても混んでるし、一年で一番レストランがおいしくない日だから家でゆっくりしたい彼

真っ向対立するも、翌週には向こうが少し折れてくれました
出かけたい私の気持ちを汲んでくれた模様

ご飯はまだ未定
確かにごちゃごちゃした店でおいしくないコースなんて食べたくないねって話です

今までの私は喧嘩はおろか自己主張が苦手な部類だったのに
彼に対しては、言いたいことは言って折れる時は折れるようになりました
これも信頼できてるからこそ、なのかな

posted by しほ at 20:07 | Comment(2) | TrackBack(0) | journal

2011.06.30

くったくた

最近、ちょっと立ち止まって考えてみたこと

旅行計画中、彼がミスって一緒の飛行機で帰宅できないことになり
私が計画通りにちゃきちゃき準備しているのに対して、彼はマイペースで
旅行から一緒に帰れないのかと落ち込んだり
近頃、電話やメールが減ってきて寂しいと感じたり
ちょっとしたことが積みかさなかって、かまってちゃんになりそうだった私

落ち込んだときは黙りこくって考え込むタイプなので
彼は、怒ってると勘違いして平謝りしたりして
行き違ってしまった

寂しいって話せばいいんだけど
小さいことだなって、遠慮してしまって


結論としては、ちゃんと話すって決めて、頭の中を整理している途中です
飛行機の件も、私だけががっかりしてる訳じゃないだろうし
かわいそうなかまってちゃんにだけはならないように、シミュレーション


人と向き合うってのは楽しいばかりじゃなく
改めて自問自答したり、本音を伝えたりするのは体力がいることで
くったくたになる
その後、よりよい関係になるための努力なんだけど、くったくた

相手にとって、もしくは二人にとってどうするのがいいかって考えるけど
それだけじゃ、狭量ゆえ無理がくる
当たり前だけど私を抑えてばかりはよくない
全然抑えてばかりじゃないけど


さらっと思ってることを伝えて理解してもらったほうがいいのかもしれないけど
いちいち考えすぎる性分なので仕方なし・・・

ちゃんと話して、うまく伝えねば
posted by しほ at 23:48 | Comment(2) | TrackBack(0) | journal

2011.05.12

新しい会社

あっという間に5月半ばです
会社を転籍してから約1ヶ月半

新しい会社でだいぶ落ち着いてきました

しかしこの一ヶ月はめまぐるしかった
社風なのか、シャイなのか、社員からの歓迎モードが全くない中
こちらから一方的にコミュニケーションをとっていくのは難しぃぃぃ

今まで小さな輪の中で、ぬくぬくと過ごしてきたので
コミュニケーション能力の低さに加えて、記憶力の低さに悪戦苦闘です
名前と顔を数十名覚えるのって難しい
メガネかけてる人は、座席図にメガネ書き込んだり
会話に無理やり名前を入れるようにしたり

細かいことも書類で報告したり、申請したり
友人に言うとタリマエーって言われるけど
時には自分で望んだ事でもないのにーって心のなかでつぶやいたりして

でも、1ヶ月半経つと、喉元過ぎれば熱さ忘れるじゃないけれど
申請書の提出も苦じゃなくなったし、昼寝もできるようになりました
最初は電話の転送もままならなかったのに(笑)


やっと落ち着いてきて、仕事に専念できそう
posted by しほ at 21:08 | Comment(3) | TrackBack(0) | journal

2011.04.20

いらいら対処法

この間、始めて彼が不機嫌になった
一緒にいて3ヶ月。はじめての表情で、些細なことでいきなりダンマリ
元々感情を表に出すのが苦手な人なのは知ってたけど
イライラを人に表現するのはもっと苦手なようで
鈍い私は全く気づかず、どこか体調が悪くなったのかと心配してしまい
「どうしたの?」「何か飲む?」って質問攻めをして
余計イライラさせてしまった模様


イライラの原因があるなら「△△な時に○○するのやめてほしい」言ってほしいなとか
イライラしてるってわかれば放っておくのにと思ったり・・・

彼は急に膨らんだイライラを抑えるのが先決で
しばらく黙った後、「イライラしてごめん」って言ってきた
「イライラしてたならいってくれればいいのに」
「何でイライラした?」とまた質問攻め

私は、同じことを繰り返さないようにっていう自分の考えを優先して
彼の気持ちを後回しにして、それもよくなかったな

慣れれば対処もできるだろうし、暴れたわけでもないんだし
ゆっくり感情を受け止めたほうがよかったのかも
と、今になっては思う(・x・)
posted by しほ at 00:41 | Comment(2) | TrackBack(0) | journal

2011.03.18

東北関東大震災

未曽有の天災により、ただただ胸がいっぱいです

毎日流れている映像を見て、ニュースを読み
わからない内容は、反復して理解する
改めてチェルノブイリ事故を調べてみたり
情報過多な中、真偽を確かめながら、人の温かさや愚かさを改めて実感する日々です

仙台に住む知り合いには4日経ってやっと連絡がつきました

節電して、寄付して、外食を増やし
仕事も普通にこなす日々

経済が停滞してしまわないよう、東京が壊死しないよう、
私にできることをします

現実に圧倒され、虚無感に苛まされることもあるけれど
今はただ前進あるのみ

これからも自分にできることを探し
被災者のご冥福と被災地の早急な復旧を願い祈ります
posted by しほ at 11:03 | Comment(2) | TrackBack(0) | journal

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。